パールを止めている糸が緩んでしまったとき

下の写真のように、パールをとめている糸がたるんでしまうことがあります。

どうしてそうなるのかという理由と、それを直す方法をご説明させていただきます。

IMG_1765

 

 

 

出荷時は、内側からひっぱった状態にしていますので、青丸のような状態です。使っていて何かにひっかかったり、故意に手でひぱったりすると赤丸のような状態になります。糸をゆるくとめているためです。きつくとめることができない理由は、ドレスの生地は伸縮性があり、糸にテンションをかけてパールをとめると、脱ぎ着したり、着用中に体を激しく動かしたりしたとき、負担がかかって糸が切れてしまうためです。なので、どうしても緩めにとめています。

IMG_1764

 

これは簡単に元に戻すことができます。その手順をご説明させていただきます。

 

下のスカートのところから、表地と裏地の間に手を入れていってください。

IMG_1767

 

 

写真に写っているのは、身ごろ(上半身)の表地の裏側です(肌との間にはもう一枚裏地がありますので、ここは肌に直接触れませんし、通常は表から見えないところです)。

指で糸をひっぱってください。

IMG_1769

 

 

これで糸のたるみが見えなくなりました。

IMG_1768

 

糸が切れてしまった、ご自分で別の飾りを追加したい、等のようなときも、かんたんにつけることができます。